パチンコ依存症の恐ろしさを実感しました。

649782

こんにちは、剛力です。

先日、1週間くらい出張で東京に居ました。

取引先の販売会に出店したのですが、
毎朝、会場に向かう途中に、
パチンコ屋があったんですね。




最初はパチンコ屋があるなぁ~




って程度だったのですが、
何日かしたら急に湧き上がってきました。

「久々に打ってみないか・・・?」

パチンコしたい自分の声です。

パチンコ屋を見るたびに聞こえてくるのですが、
今回の声は大きくて頭の中に響くようでした。

声が聞こえるたびに、
自分が苦しんだ日々を思い出し、
どんな結果が待っているかを、
言い聞かせ何とか切り抜けましたが、
マジでしんどかったです。

改めてパチンコ依存症の恐ろしさを、
感じた出来事でした。

パチンコ依存症克服のゴールとは?

僕たちにとってゴールとは?

今まで何度も考えてきましたが、
やっぱり明確なゴールは無い
という事を再確認しました。





「じゃあ、一生パチンコ依存症なのですか?」



それは、あなた次第です。

ただ依存症を克服すると言うよりは、
うまく付き合っていくって感覚ですね。

パチンコはしたくなるもの

そう認識してしまえば意外に
楽になったりしますよ。

そして、しない為にはどうすれば良いのか
自分で考えることも大切です。

もし方法が思い浮かばなかったら、
本やネットなどで知識を学び、
考えたことや調べた結果を、
実際にやってみる。

 ↑  ↑
これが大切

そうすることで自分にあった、
パチンコをしない為の方法が
見つかってきます。

また、始めたばかりの頃は、
うまく行かない事も多いですが、
挫けずに何度もチャレンジするのも
大切なことです。

僕は3年くらいギャンブルから
離れていますがパチンコの誘惑に
耳を傾け負けそうになります。

つまり、時間はどうしても掛かってしまう
という事です。

失敗しても良いじゃないですし、
上手く出来ないのはダメではありません。





失敗してもまた始めれば良いんです。



僕もそうやって何度も失敗して、
やっと3年が経ちました。

だから、あなたにも出来れば
失敗してもパチンコを辞めるために
頑張ってもらえればと思っています。

今日は以上になりますが、
最後にパチンコを止める上で、
ピッタリのことわざを、
あなたに贈りたいと思います。





終わり良ければすべて良し



失敗することもあるけども、
最終的に良い結果を得られれば、
失敗は失敗じゃなくなるって事です。

※都合よくこの言葉を使っちゃダメですよ。
例:今は過程だから失敗しても大丈夫と
  思いながらパチンコ屋に行く。

では、最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

P.S.
先日ご紹介したコレですが、
意外に反響があったので、
もう一度ご紹介します。

↓   ↓

パチンコをしていた時間の使い方の一例