パチンコ依存症の僕が1週間ほど前に
パチンコ屋の前を通りかかった時の話です。

この時に僕の中で起こった出来事が
克服にものすごく重要だと感じたため
今回記事にしてみました。

 

剛力A『そうだ、ブログのネタづくりで
 パチンコ屋を覗いてみようかな?』

そこからこんな自己内対話が
展開されていく事となります。

剛力A(以下A)と剛力B(以下B)の
対話を少しの間お楽しみください。

B『ネタ作りでパチンコ屋いいね!!
面白そう。元ギャンブル依存症が
パチ屋に言ったらどうなるのか?
なんてね(笑)』

A『だよね!彼女にもついてきて
貰えば打つことなさそうだし
それをやってみようかな?』

B『うんうん。やってみようよ!』
A『そうしてみようかな?』

B『どこのパチ屋に行く?』

「····。」

B『どうした?』

A『いや、パチ屋に行く事で、
自分がどうなるか考えいた』

B『大丈夫だって!そんな事よりどこに行く?』

A『いや大事なことだから!
もしこれでまたパチンコにハマったら・・。』

 

B『今まで何回も誘惑に勝ってきたじゃん。
大丈夫だって入って出るだけだもん』

A『なんか大丈夫じゃない気がする
だって心の奥底がワクワクしてる
これはパチ屋通ってた頃の気持ちに
もの凄く似ている気がする』

B『そんな事無いって』

A『いや、ある!絶対にパチ屋に入ったら、
台に座りたくなるし座ったら遊びたく
なるよ。だから、それはやめよう?』

 

B『え~!せっかく面白い企画だと
思ったのに読者の反応バシバシ取れるのに』

A『反応取るために自分がギャンブル依存症に
戻ったらなんの意味も無いでしょ?
このブログは俺がヤメ続けているからこそ
成り立っているブログなんだよ』

B『確かに・・・。』

A『それじゃ、ヤメるね』

B『うん』

僕の中にもあなたの中にも必ず

ギャンブルしたい自分

ギャンブルをヤメたい自分

 

nimensei

の両方が存在しています。
自己内対話とはその2つの
自分の話し合いです。

ギャンブルをヤメる為にはこの2つの声の
存在を感じてきっちり話し合いをする
そんなイメージを持つことそして
ギャンブルをヤメたい自分をあなた
自身と捉える事がもの凄く重要です。

かなり抽象的な話ですがこれは
何度も繰り返してはじめて理解
できる事ですので自己内対話を、
繰り返し意識してみてくださいね。

では、今日は以上になります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。